So-net無料ブログ作成

iPadのバッテリー状態を調べる[図解] [エレクトロニクス]

iPadのバッテリーが劣化したのかもしれないと思い、調べようと「設定」>「バッテリー」を見たのですが、iPhoneにあるような「バッテリーの状態」が表示されていません。
iPadにはこの項目がないのですね。そこでMacを使って調べてみました。

 

 環境

・MacBook Pro 15inch Early2018, macOS El Capitan 10.11.6
・iPhone 6s Plus, iOS 12.3.1
・iPad Pro 12.9inch 第1世代, iOS 12.3.1
・coconutBattery V3.7.2





 体感で知る劣化状況

Appleによれば、
・スクロールなどがガタガタしてスムーズにできない
・Appの起動に時間がかかる
・スピーカーの音量が小さくなった
・バックグラウンドで更新されるはずのAppが起動中に再読み込みされる
などなどがあるようです。
詳細は下記。
iPhone のバッテリーとパフォーマンス
https://support.apple.com/ja-jp/HT208387





 手順

1 下記から計測ツールをダウンロードしてMacにインストール
「coconutBattery」と「coconutBattery Plus」がありますが、Plusの方は機能も多く有料のようです。今回は無料の「coconutBattery」を使っています。
https://www.coconut-flavour.com/coconutbattery/

2 iPadをケーブルでMacに接続して、coconutBatteryを起動
 「iOS Device」パネルで、iPadのバッテリー状態が表示されます。
 「Current charge」: 現在の充電量
 「Full Charge Capacity」: 現在の完全充電時の容量
 「Design capacity」: 工場出荷時の完全充電時の容量
 1番目の緑の棒グラフは現在の充電量%、2番目のそれはiPhoneでいう「バッテリー最大容量%」で工場出荷時からバッテリーがどの程度劣化しているかを示しています。100%ならほとんど劣化なし。


「+」ボタンで「History」への記録追加
「Device details...」をクリックで詳細情報



「This Mac」パネルの表示

新しいバッテリーに替えたばかりなので、現在の完全充電時の容量が約97%あります。





 その他のツール

iBackupBotでも状態の表示はできるようです。
こちらはWindows, macOSそれぞれの版があります。
https://www.icopybot.com/itunes-backup-manager.htm





【関連記事】
iPhoneのバックアップからメッセージをiBackupBotで削除→iPhoneに復元する方法
https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2013-05-29




nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。