So-net無料ブログ作成

MacBook Pro 15inch Mid2010のSSD換装[図解](後編) [エレクトロニクス]

 
MacBook Pro 15inch Mid2010の2.5inch HDDをSSDに換装しました。
このMacはSATA2対応(最高300MB/s)なので、SSD 860EVO(SATA3対応)の最高最⼤520MB/秒での連続書き込み、連続読み出しは550MB/秒の能力は活かしきれないのですが、それでも内蔵標準HDDに比べれば十分速くなります。

● MacBook Pro Mid2010 HDD換装(前編) --前の記事
 https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2018-12-14
 1 換装前後の速度比較
 2 SSDをエンクロージャーに入れる
 3 MacでSSDをフォーマット
 4 macOSをインストールして復旧領域(リカバリーHD)を作成

● MacBook Pro Mid2010 HDD換装(後編) --この記事
 5 現在の内蔵HDDの起動ボリュームを外付けSSDに丸ごと復元する
 6 HDDをSSDと入れ替える
 7 Trimを有効にする


 

 環境

・MacBook Pro 15inch Mid2010, macOS Sierra 10.12.6
 SATA 2 対応(最高300MB/s)
 内蔵HDD500GBをOSとDATA用の2つのパーティションに分けています。

・エンクロージャー:Salcar 2.5インチ 高速USB 3.0接続 5 Gbps 外付 ドライブケース アルミニウム




・SSD:Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型【PlayStation4 動作確認済】5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/EC




・VESSEL社 00番プラスドライバーと、VESSEL社 T6トルクスドライバー





 5 現在の内蔵HDDの起動ボリュームを外付けSSDに丸ごと復元する

巷で「クローンを作る」と言われている作業です。Windowsはツールを用意しないとできないようですが、Macでは標準のディスクユーティリティAppの復元機能でできます。

Macを起動してジャーンの起動音と共にCommand+Rキーを押し続け、メニュー画面が表示されたら手を離す。
「ディスクユーティリティ」を選択して「続ける」ボタン


左ペインで復元先(この場合は外付けSSD)のボリュームを選択して上の「復元」ボタン


復元元に内蔵HDDの起動ボリュームを選択して「復元」ボタン


復元が終わったら「完了」ボタン


復元元と同じ名前が付与されるので、新しく使いたいボリューム名に変えておきます。
ボリューム名のところを強くクリックすると青枠で囲まれ名前が編集できます。






 6 HDDをSSDと入れ替える

Macをひっくり返して00番ドライバーでネジを外しておく。
ネジは長短の2種類があるので、場所がわかるように退避させておきます。


HDDを固定している黒い棒状のものを00番ドライバーでネジを外す




取り外した黒い棒状のもの


HDDに付いているシールを引っ張って持ち上げたところ
黒いコネクタ部分をHDD本体から抜く


HDD本体の4箇所のネジをT6トルクスドライバーで外す


外したネジをSSDに4箇所取り付ける


SSDをSATAコネクタに差し込む


HDDから外した半透明シールも付けて元の通りに戻したところ


外した裏蓋を元に戻して電源を入れると新しい内蔵SSDから起動しました。

復旧領域(Recovery HD)をシステム情報のSATA/SATAExpress項目で確認できます。


取り外した古いHDDをエンクロージャーに入れてMacに接続し、内蔵SSDの2つ目のDATA用パーティションに、Finderで普通にコピーします。





 7 Trimを有効にする

有効化するのは必ずしも必要ではないので、よく調べて必要性があると判断した場合だけします。
SSDのTrimは当初、無効になっているので、ターミナルから"sudo trimforce enable"を入力して有効にしました。
「Appleは結果を保証しないので自己責任でやってください」みたいな注意文が表示され、「ホントにやっていいのね?」と繰り返し聞かれますが、Macのログインパスワードと「y」を2回入力してMacが再起動するのを待ちます。
パスワードは入力しても表示されませんが、そのままenterキーを押下します。

MBP2010:~ user$ sudo trimforce enable
Password:
IMPORTANT NOTICE: This tool force-enables TRIM for all relevant attached
devices, even though such devices may not have been validated for data
integrity while using TRIM. Use of this tool to enable TRIM may result in
unintended data loss or data corruption. It should not be used in a commercial
operating environment or with important data. Before using this tool, you
should back up all of your data and regularly back up data while TRIM is
enabled. This tool is provided on an “as is” basis. APPLE MAKES NO WARRANTIES,
EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING WITHOUT LIMITATION THE IMPLIED WARRANTIES OF
NON-INFRINGEMENT, MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE,
REGARDING THIS TOOL OR ITS USE ALONE OR IN COMBINATION WITH YOUR DEVICES,
SYSTEMS, OR SERVICES. BY USING THIS TOOL TO ENABLE TRIM, YOU AGREE THAT, TO THE
EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW, USE OF THE TOOL IS AT YOUR SOLE RISK AND
THAT THE ENTIRE RISK AS TO SATISFACTORY QUALITY, PERFORMANCE, ACCURACY AND
EFFORT IS WITH YOU.
Are you sure you wish to proceed (y/N)? y
Your system will immediately reboot when this is complete.
Is this OK (y/N)? y
Enabling TRIM...
.
.
Operation succeeded. Your system will reboot momentarily, please wait...


有効/無効の確認はシステム情報のSATA/SATAExpress項目でします。






【関連記事】
MacBook Pro 15inch Mid2010のSSD換装[図解](前編)
https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2018-12-14

macOS Sierraでボリュームを拡大する
https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2018-06-05


nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 4

防犯カメラにつきまして

はじめまして、防犯カメラの事を調べていたらたどりつきました。防犯カメラの外部からアクセスするように設定できるようにご教授いただけないでしょうか。
外部インターネット→NTT ONU(D)→ソフトバンク光ルーター(E-WMTA2.3)→Wifi→防犯カメラ(TS-WLC2)×4
屋内のwifiからは、防犯カメラの映像は見れます。スマホなどの外部インターネットにすると見えなくなります。
色々調べてみてポートの開放などや固定IPアドレスを設定しましたが、
見る事ができないです。
ご教授いただければ幸いです。
by 防犯カメラにつきまして (2018-12-22 07:14) 

ふじくろ

>>防犯カメラにつきまして さん
初めまして。
下記の記事についてでしょうか?
ポート解放してネットワークカメラQwatchを外出先からみる方法[図解]
https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-12-28

恐れ入りますが、上記の記事にコメントし直していただけますか。
by ふじくろ (2018-12-22 12:29) 

yam

輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
by yam (2019-01-01 10:38) 

ふじくろ

>>yamさん
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
by ふじくろ (2019-01-02 13:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。