So-net無料ブログ作成

MacBook Pro 15inch Mid2010のSSD換装[図解](前編) [エレクトロニクス]

 

MacBook Pro 15inch Mid2010の2.5inch HDDをSSDに換装しました。
このMacはSATA2対応(最高300MB/s)なので、SSD 860EVO(SATA3対応)の最高最⼤520MB/秒での連続書き込み、連続読み出しは550MB/秒の能力は活かしきれないのですが、それでも内蔵標準HDDに比べれば十分速くなります。

● MacBook Pro Mid2010 HDD換装(前編) --この記事
 1 換装前後の速度比較
 2 SSDをエンクロージャーに入れる
 3 MacでSSDをフォーマット
 4 macOSをインストールして復旧領域(リカバリーHD)を作成

● MacBook Pro Mid2010 HDD換装(後編) --次の記事
 https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2018-12-15
 5 現在の内蔵HDDの起動ボリュームを外付けSSDに丸ごと復元する
 6 HDDをSSDと入れ替える
 7 Trimを有効にする


 環境

・MacBook Pro 15inch Mid2010, macOS Sierra 10.12.6
 SATA 2 対応(最高300MB/s)
 内蔵HDD500GBをOSとDATA用の2つのパーティションに分けています。

・エンクロージャー:Salcar 2.5インチ 高速USB 3.0接続 5 Gbps 外付 ドライブケース アルミニウム




・SSD:Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型【PlayStation4 動作確認済】5年保証 正規代理店保証品 MZ-76E500B/EC




・VESSEL社 00番プラスドライバーと、VESSEL社 T6トルクスドライバー





 1 換装前後の速度比較

約4倍早くなりました。

換装前HDD


換装後SSD


SSDはSATA3対応ですが、このMacBook Pro Mid2010がSATA2までの対応なので、本来の速度より遅くなっています。

リビジョン速度Gb/速度MB/s
SATA11.5Gb/s150MB/s
SATA23Gb/s300MB/s
SATA36Gb/s600MB/s

 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/シリアルATA

MacのSATA規格はシステム情報>SATA/SATA Express項目のリンク速度で確認します。






 2 SSDをエンクロージャーに入れる

このエンクロージャーはネジなどは不要で差し込むだけでした。








 3 MacでSSDをフォーマット

とりあえずフォーマットしないことにはパーティションの作成もできませんので、フォーマットします。

1 MacのUSBポートに挿すと、初期化を促されるので「初期化..」ボタン




2 ディスクユーティリティAppを起動して、左ペインでディスク(この場合は"USB 3.0 Media")を選択してから上の「消去」ボタン
(ディスクとボリュームを間違えないように注意です)


3 フォーマット:Mac OS拡張(ジャーナリング)、方式:GUIDパーティションマップ
「消去」ボタン


4 フォーマット完了


5 続いてパーティションを作成します。
 左ペインでディスク(ボリュームではない)を選択して上の「パーティション」ボタン
 「+」ボタンで2つに分けて、
 それぞれのボリュームの名前、フォーマット形式、サイズを指定して、「適用」ボタン


6 表示された内容をよく読んで「パーティション」ボタン


最終的なパーティション


*今後の作業途中で新旧を間違えないように、現在の内蔵ボリューム名の後ろに"-old"を付けて、わかりやすくしておきました。





 4 macOSをインストールして復旧領域(リカバリーHD)を作成

どうせ後から内蔵HDDを丸ごと復元(クローン)するのだからここでOSをインストールしなくてもいいのですが、そうすると復旧領域(リカバリーHD)が作成されないので、先にmacOSをインストールだけして復旧領域(リカバリーHD)を作っておきます。

Macを再起動してジャーンの起動音と共にCommand+Rキーを押し続け、メニュー画面が表示されたら手を離す。
(機種によってはメニュー画面が表示されるまでが長く、途中何も表示されない白画面になったりしますが、異常ではないのでキーを押し続けます)

「macOSを再インストール」を選択後、「続ける」あとは指示に従い進めます。









外付けSSDを選択して、「インストール」ボタン




自動的に外付けSSDから再起動して初期設定画面になるので、Command+Qキーを押してシステム終了します








続きは「MacBook Pro 15inch Mid2010のSSD換装[図解](後編)」





【関連記事】
MacBook Pro 15inch Mid2010のSSD換装[図解](後編)
https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2018-12-15

macOS Sierraでボリュームを拡大する
https://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2018-06-05


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。