So-net無料ブログ作成

Apple mapで開いた場所をGoogle mapで開きなおす [エレクトロニクス]

Apple map で検索して開いた場所を見て、ビルの名前などがわからないのでGoogle mapでも開いて確認したい時があります。
そんな時今までは、Apple map を終了→Google mapを起動→Google mapで同じ場所を検索、としていました。
サードパーティのアプリを使うと簡単に場所を開いたまま、別のアプリでも同じ場所が開けることを知りました。こんな便利なものがあるとは知らなかったです。

参考サイト;
How to Switch Between Google Maps and Apple Maps in iOS
https://lifehacker.com/how-to-switch-between-google-maps-and-apple-maps-in-ios-1828196797

逆も可能で Apple map ⇔ Google map と、どちらからでも呼び出せます。


 


 環境

・iPhone 6s Plus iOS 11.4.1
・Opener tijo, inc. 240円(2018.8.17現在)
 https://itunes.apple.com/jp/app/opener/id989565871





 手順

ここでは例として東京駅を検索します。

1 Apple map で「東京駅」を検索して結果から「東京駅」をタップ


2 下のパネルを上にスワイプして大きく表示します


3 「共有」アイコンをタップ


4 「Opener」をタップ


 インストールしたばかりでメニューに表示されていないときは「その他」をタップして、「Opener」をオン(緑色)します。右側の横3本線を押したまま上下にドラッグして好きな順番にします。


5 Google map をタップ


6 Google map で同じ場所が開かれた




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。