So-net無料ブログ作成

macOS Sierraでボリュームを拡大する [エレクトロニクス]


Macの内蔵SSD250GBを、起動用システムボリュームとデータ保管用の2つにパーティション分けしていたのですが、OSがインストールされているボリュームが手狭になってきました。
そこで、起動用システムボリュームのデータを失うことなく容量を拡大しました。
具体的にはデータ保管用の2番目のボリュームを一旦消去してから、再びパーティション作成して2つのボリュームにしました。
これはその時の記録です。

参考;
macOS SierraのためのDisk Utility: 「ディスクユーティリティ」を使用して物理ディスクにパーティションを作成する
https://support.apple.com/kb/PH22240?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

 


 環境

・MacBook Pro Retina 15inch Mid2012, macOS Sierra 10.12.6

拡大前:ボリュームSierra 60GB, ボリュームDATA 190GB
拡大後:ボリュームSierra 90GB, ボリュームDATA 160GB




システムの入った起動ボリューム(1つ目のボリューム)を30GB増やしました。




 手順

作業を始める前にバックアップを必ず取っておきます。
この作業では消去されるのは2つ目のボリュームにあるデータだけですが、不測の事態に備えて全てのボリュームのバックアップをとります。

1 ディスクユーティリティで左ペインから内蔵のディスクを選択して、上の「パーティション」ボタン


2 円グラフで消去するボリュームを選択して下の「-」ボタン


3 右下の「適用」ボタン


4 「パーティション」ボタン


5 「完了」ボタン

これでボリュームが起動用システムの1つになりました。

6 再び左ペインから内蔵のディスクを選択して、上の「パーティション」ボタン
 ・円グラフの下の「+」ボタンをクリックして、自動的に分割されたボリュームを白玉(サイズ変更コントロール)をドラッグして変更する。
 または
 ・commandキーを押すと領域の境を示す白い玉が表示されるので、commandキーを押しながら白玉を掴んで反時計回りにドラッグしてボリューム容量を指定します。


7 目的の容量に指定し終わったところです。


8 2番目のボリュームが「名称未設定」になっているので、円グラフで選択して、右の「名前:」で名前を入力する。
 右下の「適用」ボタン


9 「パーティション」ボタン


10 「完了」ボタン


11 終了

これで1つ目のボリュームのシステムやデータはそのままで容量を拡大できました。2つ目のボリュームにあったデータは消去しましたので当然無くなっていますので、バックアップから復元します。





 2つ目のボリュームを復元する

1 Finderで2つ目のボリュームを表示して、メニューバーのTime Machineアイコンから「Time Machineに入る」を選択。


2 右のアイコンをクリックして過去に戻り、復元したいデータを選択して下の「復元」ボタン


3 132GBもあったので40分ほどかかりました。



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。