So-net無料ブログ作成

海外旅行のためのiOSデバイスの設定 渡航後 [エレクトロニクス]





海外旅行でiPhoneやiPod,iPadに設定しておいたほうがいいことをまとめました。
渡航後に空港や機内などでする設定です。


渡航直前の設定はこちら。

海外旅行のためのiOSデバイスの設定 空港などで
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-16


渡航数日前からの設定はこちら。

海外旅行のためのiOSの設定 渡航数日前〜
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-14



 





前提


・渡航先では基本的にホテルのWi-FiやレンタルモバイルWi-Fiルータなどでインターネットを使用する
 (日本でレンタルしてフランスで使ったWi-Fiモバイルルータ)
 

・モバイルデータ通信は極力行わない

・SoftBank「世界対応ケータイ」オプションに申込済みであること(iPhone/iPad端末自体は対応していますが申込が必要です)
 

・同行者同士の音声通話はFaceTimeオーディオ,Skype,GoogleハングアウトなどのVoIPを利用する






通信・回線と料金について

Webブラウズやメールなどでどの回線・通信を使うかで料金が違ってきます。

1. 電話/SMSとモバイルデータ通信 
 現地の携帯電話回線網を国際ローミングで利用
 SIMはSoftBankのものです

 料金;
 ・国際音声通話料 例. 発信者は175円/分、着信者は110円/分(フランスで現地の同行者とSoftBank iPhone同士で話す場合)
 ・国際SMS 送信100円/通、受信 無料
 ・モバイルデータ通信 SoftBank「海外パケットし放題」を利用した場合は最大2,980円/日

 



2. 公衆Wi-Fi 
 ホテル、店舗、公園などにあるWi-Fiアクセスポイント経由のインターネット通信

 料金;無料 または 提示された料金(ホテルの部屋で1,000円/日など)

 



3. モバイルWi-Fiルータ 
 Wi-Fiと現地の携帯電話回線網経由のインターネット通信

 料金;レンタル業者が決めた料金(国やプランによって異なる 例.1カ国1,000円/日など)








サービスと料金のまとめ


 
回線網対応するアプリ料金上限
電話とSMS携帯電話回線網 電話

メッセージ
下記のいずれか
・無制限の青天井
・一定額ストップサービスで設定した金額 *1

注1. 国際電話は着信側も高額料金です
注2. Wi-Fiのオン/オフ、モバイルデータ通信のオン/オフに関係なく別料金がかかります
 (国内でパケット定額契約していても話した分だけの通話料がかかるのと同じです)
MMS携帯電話回線網(モバイルデータ通信) メッセージ
下記のいずれか
・無制限の青天井
・一定額ストップサービスで設定した金額 *1
・SoftBank 「海外パケットし放題」を設定していれば25MB未満で1,980円/日、25MB以上で2,980円/日 *2
iMessage、Webブラウズ、Eメール、VoIP(音声通話)など モバイルデータ通信

または

Wi-Fi経由のインターネット
メッセージ


FaceTime


Skype

Googleハングアウト


Safari


Google Maps


マップ(Apple)


など
モバイルデータ通信の場合;
 上記「MMS」と同じ

Wi-Fi経由のインターネットのばあい;
ホテルのWi-Fi利用料やレンタルしたモバイルWi-Fiルータなどの定額


(FaceTime, Skype,GoogleハングアウトはWi-Fiに加えて3G通信でも利用できます)


*1 一定額ストップサービス http://www.softbank.jp/mobile/service/amount_info/
*2 海外パケットし放題( iPhone )http://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/web/packet-flat-late/iphone/






メッセージアプリについて

 
「メッセージ」アプリの場合はSMS,MMS,iMessageのどれを今利用しているのか判別できると「Wi-Fiで使っているから大丈夫♪」のつもりが、Wi-Fiの接続が切れていて思わぬ高額請求..などという事態を防ぐことができます。

1. 「メッセージ」アプリでSMS/MMSとiMessageを見分ける方法
 両者の違いは携帯電話回線網を使用するのかWi-Fi経由のインターネットを使用するのかの違いです。

 
SMS/MMS
(SoftBankではiPhoneのMMSをS!メールと呼んでいます)

*料金が高額になります
本文入力欄に"SMS/MMS"の表示


宛先や送信ボタンが緑色で表示されます
iMessage

*低料金に押さえることができます
本文入力欄に"iMessage"の表示


宛先や送信ボタンが青色で表示されます



2. SMSとMMSを判別する方法
 両者の違いは携帯電話回線網のパケット通信(モバイルデータ通信)を使用するのか否かの違いです。
 MMSはモバイルデータ通信を使いますので、高額になりやすいです。(国内で使用している時はパケット定額プランに含まれていますが、海外では国内用のプランが適用されません)

 
SMS電話番号あてに送った場合
テキストのみの文章
MMSキャリアのメールアドレス(SoftBankの場合は○○○@softbank.ne.jp)あてに送った場合
写真や動画を送った場合


*文字数や画像の添付などについての詳細は「SMS/MMS」 http://www.softbank.jp/mobile/iphone/service/mail/sms_mms/


参考ページ;
海外でご利用の場合 SoftBank
http://www.softbank.jp/mobile/iphone/support/abroad/

海外でのメール・ウェブ・モバイル通信の仕組み
http://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/area-rates/web/






基本的な設定



公衆Wi-FiやモバイルWi-Fiルータを利用:「データローミング」をオフ、「モバイルデータ通信」をオフ

 または

海外パケットし放題を利用:SoftBankが提携している現地のキャリアに設定した上で「データローミング」をオン、「モバイルデータ通信」をオン






現地で海外パケットし放題でモバイルデータ通信する場合


*モバイルWi-FiルータでWi-Fiのみ使用する場合でも、Wi-Fiが使えないようなときに備えてこの設定をしておきます。

現地に着くと(飛行機から降りて「機内モード」をオフにした時)SoftBankからSMSが届きます。
SMSメッセージに書かれている手順通りに設定すれば「海外パケットし放題」を利用したデータ通信(EメールやWebブラウズなど)になります。


よくわからない時は「海外パケットし放題」アプリを起動しして設定します。






現地で公衆Wi-FiやモバイルWi-FiルータでWi-Fiのみ使用する場合

注. Wi-Fiが使えないようなときに備えて、上記「現地で海外パケットし放題でモバイルデータ通信する場合」 をした上で以下の設定をします。

モバイルWi-Fiルータを利用してデータ通信を行う場合は、上記SoftBankからのお知らせSMSの8番で「4Gをオンにする」と「データローミング」をオフにして「モバイルデータ通信」もオフにします。
こうすることで誤って(Wi-Fiでなく)モバイルデータ通信を使ってしまうことを防げます。


「4Gをオンにする」をオフ、「データローミング」をオフ


「モバイルデータ通信」をオフ







【関連記事】

海外旅行のためのiPhone設定 [使い過ぎを防ぐSoftBankの設定編]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-08

海外旅行に便利なiOSアプリ10選
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-10

海外旅行のためのiOSの設定 渡航数日前〜
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-14

海外旅行のためのiOSデバイスの設定 空港などで
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-04-16



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0