So-net無料ブログ作成

映画『プレシャス』 [映画]

 
 
 
Precious: Based on the Novel Push by Sapphire (2009)
邦題 : プレシャス


公式サイト http://www.precious-movie.net/
official site : http://www.weareallprecious.com/


Top.jpg

Running Time: 109 Minutes
Country: United States
Directed by: Lee Daniels
Cast:
 Gabourey Sidibe ... Precious
 Mo'Nique ... Mary
 Paula Patton ... Ms. Rain
 Mariah Carey ... Mrs. Weiss
 Sherri Shepherd ... Cornrows
Certification: USA:R
japan:映倫R15+ (15 歳未満は観覧禁止。主題や題材の描写の刺激が強く、15 歳未満の年少者には、 理解力や判断力の面で不向きな内容が含まれている。)

原作: サファイア 『プッシュ』


TOP2.jpg



1987年、ニューヨーク、ハーレム。

プレシャス・ジョーンズ(ガボレイ・シディベ)は16歳の少女。
母から虐待を受け、父の子を身ごもる。
文字は読めないし書けない…

妊娠の事実が学校に知れて退学になってしまう。

「学校なんていかなくていい!」という母親に逆らい、
通い始めたフリースクールでミズ・レイン(ポーラ・パットン)先生に教わる。
レイン先生に指導を受けるうち、プレシャスの人生が少しずつ変わっていくが…

 
 



予告(中央の「再生する」ボタンまたは左下の三角マークボタンをクリックすると再生されます)




「プレシャス=尊い」だそうです。
[ハーレムに暮らす少女プレシャス(ガボレイ・シディベ Gabourey Sidibe)]
Fig6.jpg





[言葉や暴力で虐待する母メアリー(モニーク Mo'Nique)]
Fig5.jpg





こんな悪役ママぶりを発揮できる女優さんを他に知りません。
[苦痛に満ちた母との生活(左 ガボレイ・シディベ Gabourey Sidibe、右 モニーク Mo'Nique)]
FIg9.jpg





[退学になってフリースクールに通うことに]
Fig3.jpg





[フリースクールでは最初「書類が揃ってなければ入学できない」と言われてしまう]
Fig1.jpg





[ミズ・レイン(ポーラ・パットン Paula Patton)は実の親より暖かくプレシャスを包んでくれる]
Fig2.jpg





[出産後の病室で]
Fig4.jpg





[貧困と虐待に耐えかねてソーシャルワーカーのミセス・ワイス(左 マライア・キャリー Mariah Carey)に相談]
Fig7.jpg

ちなみに普段のマライアはこちら↓
Fig8.jpg







ネットで予告編を観たのはもう1年程前だったと思います。
ずっと待ち望んでいましたが、ようやく劇場公開されました。(^^)


ミセス・ワイス(ソーシャルワーカー)役のマライア・キャリーが意外な存在感でした。
髪を染めてノーメイクで出演されていた(らしい)ので、鑑賞中は彼女だと気がつかなかったのですけど… (^◇^;)


モニークさんがプレシャスの母親役メアリーを好演してアカデミー賞・助演女優賞を勝ち取りましたね。

彼女の演技は、かつて観たことないほど圧倒的な迫力でした。
受賞されたのも納得です。
特にラストシーンは目を皿のように、耳をダンボにして鑑賞されることをお勧めします。
ポップコーンなんて食べてられないですよー。(^^)




劇場情報
http://www.precious-movie.net/theater.html
関東地区ではたったの12館、近畿はわずか4館 (>_<)





個人的評価 星5つ★★★★★が最高です。
映像美   ★★★
音響    ★★★
ストーリー ★★★★
総合    ★★★





nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 4

keykun

こんばんは。^^
今予告見ました。^^
マライア・キャリーが素敵ですね。^^
この役で~出演する事が素晴らしいと思います。^^
大阪でも公開2館。いい作品はむやみに公開しないのかな?
公開館の数が作品の価値を表すようですね。
時間が無ければ~DVD鑑賞ですね。^^)v

by keykun (2010-05-10 00:30) 

ふじくろ

>>keykunさん
「マライア・キャリーは企画に賛同して参加」と公式サイトにありました。
見る人を引きつける素敵な演技でしたよ。(^^)
(特にラストシーンの、母メアリーとのやり取りは必見です。)
上映館が、大阪のような大都市でも2館ですものね。
「公開館の数が作品の価値を表す」のアイロニカルな逆説?も頷けます。(^◇^;)
by ふじくろ (2010-05-10 01:02) 

takumi

ガボちゃんも、とても話題になりましたよね。
観たい映画のひとつです(^_^)v
by takumi (2010-05-10 13:33) 

ふじくろ

>>takumiさん
そうなんですか、話題になっていたのですね。
彼女は演技経験はなく、オーディションに合格したそうですが、
「演技してない」感がとっても良かったです。(^^)
by ふじくろ (2010-05-10 18:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0