So-net無料ブログ作成

iPhoneのヘルスケアデータを書き出す[標準ヘルスケアApp] [エレクトロニクス]







体重、歩数、血圧など様々なヘルスデータがiPhoneに記録できます。
これらのデータを標準の「ヘルスケアApp」を使って書き出す(exportする)方法について書きました。
書き出された(exportされた)ファイルは.xml形式になります。

.czv形式で書き出すサードパーティアプリでの方法はこちら。
iPhoneのヘルスケアデータを書き出す[サードパーティApp]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2017-04-08

 


 メリット

・iPhoneの不具合で工場出荷に戻して一から設定し直さなければならない場合、事前にヘルスケアデータを書き出しておけばこれを復元できる

・コンピュータの表計算アプリなどでで読み込んで、自由に管理できる





 環境

・MacBook Pro Retina 15inch Mid2012, OSX El Capitan 10.11.6
・iPhone 6s Plus, iOS 10.2 10.3
・Numbers 3.6.2 (Mac)





 iPhoneでのヘルスケアデータ書き出し手順

1. 右上の人のアイコンをタップ
 

2. 「ヘルスケアデータを書き出す」をタップ
 

 

3. 「メールで送信」「AirDrop」「iCloud Drive に追加」など、好きな方法でデータを送る
 

 これは「メールで送信」した時の画面
 





 コンピュータのアプリでヘルスケアデータを読み込む

・zipファイルとして送られますので、コンピュータで解凍してから表計算アプリなどで読み込みます。
 

・書き出された.xmlファイルを Apple Numbers で読み込むことはできないようです。

・書き出された.xmlファイルを Microsoft Excel で[XMLテーブルとして開く]オプションをつけて読み込むと、表形式で読み込めるようです。

ExcelでXMLファイルを読み込む方法
11:00 2016年10月21日 公開
https://dekiru.net/article/14434/





【関連記事】
iPhoneのヘルスケアデータを書き出す[サードパーティApp]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2017-04-08



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る