So-net無料ブログ作成
検索選択

使っていない Apple ID でのサインインを求められる場合の対処 [エレクトロニクス]






コンピュータのiTunesでアプリのアップデートをしようとした時に、現在使っていない Apple ID でのサインインが求められることがあります。
この原因と対処をまとめました。

 環境

・MacBook Pro Retina 15inch Mid2012, OSX El Capitan 10.11.6
・iTunes 12.6
・iPhone 6s Plus, iOS 10.2





 現象

コンピュータのiTunesでアプリのアップデートをしようとした時に、「iTunes Store にサインインしてください」のダイアログが表示される。

1. コンピュータのiTunesでアプリのアップデートをしようとした時に、「iTunes Store にサインインしてください」のダイアログが表示される。Apple ID は現在使っていないものが表示されている。(自分のIDではなく家族のものが表示されている)
 
* この例では、Minesweeperというゲームアプリで引っかかっています。

2. 家族の Apple ID のパスワードを入力すると、家族のiOSデバイスに確認コードが送られる。
 

 実際に送られた時の家族iPhoneのスクリーンショット
 

 


3. 確認コードをコンピュータのiTunesから入力してもこんな表示でアップデートできない。
 





 原因

A. Apple ID を”新規作成して”変更している場合
 → 旧 Apple ID でのサインインが求められます。
 Apple ID は1人1つが原則なので、正規の手順で変更しないと引き継がれません。正しくない手順で変更(新規作成)してしまった場合は、旧 Apple ID と新 Apple ID は別人と判断されます。

B. 家族の Apple ID で購入したアプリが、自分のiTunesライブラリーに入っている場合
 → 家族の Apple ID でのサインインが求められます


* Apple ID の正規変更手順はこちらです
Apple ID を変更する
https://support.apple.com/ja-jp/HT202667


A.もB.も同じ現象が起こります。iTunes・Appleとしては、別人の Apple ID で購入したアプリをアップデートしようとしているので、サインインを求めてきます。サインインできても「別人だからダメ」と言われてしまいます。





 対処

コンピュータのiTunesで家族の Apple ID で認証、または自分で過去に使っていた古い Apple ID で認証します。

1. 「アカウント」メニュー>認証>このコンピュータを認証
 

2. 家族の Apple ID、または自分で過去に使っていた古い Apple ID で認証する
 

3. 「このコンピュータはすでに認証済みです」が表示されます。

* これは警告ダイアログの日本語が少しおかしいのですが、これで認証されたことになります。

4. 認証が反映されるまで数分待ってから、もう一度アップデートを試みると無事にアップデートされます。
 
 
 





 備忘録

・アプリの購入者が誰であるか または どの Apple ID であるかは、アプリを選択して command+I を押して情報画面を出し「ファイル」パネルの「購入者」を見るとわかります。
 

・例えば機種変更などの時に、正規の手順で Apple ID を変更しておかないと後々面倒なことになります。





【関連記事】
1台のコンピュータのiTunesで家族で音楽やアプリを共有する その1
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2013-12-09-1

1台のコンピュータのiTunesで家族で音楽やアプリを共有する その2
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2013-12-09-2

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る