So-net無料ブログ作成
検索選択

OS X システム全体を復元する方法[図解] [エレクトロニクス]






あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。2015年元旦

今まで使っていたシステム全体を、例えば外付けHDDなどに丸ごと移す(復元する)方法です。

復元元、復元先共に、内蔵HDD/SSDや外付けHDD/SSDなど、ほとんどのディスク/ボリュームに復元できます。
同じディスク上の(パーティションで分けられた)別ボリュームでも可能です。

復元後は、復元先のディスク/ボリュームを起動ディスクにすれば、今までと同じように使えます。


 


検証環境


MacBook Pro Retina Mid 2012, OS X 10.8.5 および 10.10





手順


OS X 標準の方法で行うには、以下の2つの方法があります。
 A. 「ディスクユーティリティ」アプリで復元
 B. Time Machine のバックアップから復元



A. 「ディスクユーティリティ」アプリで復元


ここでは例として以下の通りとします。
復元:内蔵HDD(Macintosh HD)
復元:外付けHDD(Macintosh HD-Ext)

1. 「command」キーを押しながら「R」キーを押して復元システムを起動します。

2. 「ディスクユーティリティ」を選択します。


3. 左の枠からソース(復元元)のボリュームと復元先のボリュームをそれぞれドラッグ&ドロップしてから「復元」ボタン


注1)復元先が復元元と同じ容量かそれ以上でないと復元できません。

注2)復元先にあったファイル等は全て消去されます



B. Time Machine のバックアップから復元


ここでは例として以下の通りとします。
復元:Time Machineのバックアップ(MacHD-Tmachine)
復元:外付けHDD(Macintosh HD-Ext)

1. 「command」キーを押しながら「R」キーを押して復元システムを起動します。

2. 「Time Machine バックアップから復元」を選択して「続ける」ボタン


3. 説明をよく読んで「続ける」ボタン


4. 外付けHDDのTime Machineのディスクを選択


5. バックアップを選択して「続ける」ボタン


6. インストール(復元)先を選択して「復元」ボタン


7. 復元が始まります



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る