So-net無料ブログ作成
検索選択

Macでネットワーク診断してみました [エレクトロニクス]






ブラウザの読み込みが異様に遅い、接続が時々途切れるなど調子が悪い時がありますね。
モデムがダメなのか?無線LANルータのWi-Fiがダメなのか?はたまたサーバーがおかしいのか?..どこがいけないのか調べてみると、手当り次第に色々いじるより効率よく問題解決できそうです。

Macで診断するツールは、標準でインストールされている「ネットワーク診断」です。
Ethernet接続(LANケーブルで有線接続している)でも、Wi-Fi接続(無線LANで接続している)でも診断できます。
 



基本的なトラブルシューティング



下記のページに記載されている「トラブルシューティングヒントのトップ」を順番に一つずつ行うと、効率的にトラブルシューティングできると思います。

[インターネットクイックアシスト]
http://support.apple.com/kb/HT1144?viewlocale=ja_JP

*「2. モデムを再起動する」 では、”モデムの電源をオフにして10秒後”と書いてありますが、モデムによっては10分ほどおいたほうがよいものがありますので、ISP(インターネットサービスプロバイダ)のページで該当モデムの説明を確認するとよいと思います。


ここでは「3. ネットワーク診断を利用してトラブルシュートを実行する」を実際に試してみた結果を記事にしました。





検証環境


MacBook Pro Retina 15inch Mid 2012, 10.8.5 Mountain Lion


MacBook Pro 15inch Early 2008, 10.9.4 Mavericks


操作や結果はどちらも同じでした。





公式参考ページ



OS X Mavericks: ネットワーク診断を使用する
http://support.apple.com/kb/PH14018?viewlocale=ja_JP

OS X Mountain Lion: ネットワーク診断を使用する
http://support.apple.com/kb/PH10984?viewlocale=ja_JP

OS X Lion: ネットワーク診断を使用する
http://support.apple.com/kb/PH4121?viewlocale=ja_JP

Mac OS X 10.6: ネットワーク診断を使用する
http://support.apple.com/kb/PH7133?viewlocale=ja_JP





ネットワーク診断の手順


「ネットワーク診断」を起動する方法は2つありますが、Wi-Fiを使用している時のお勧めは「ワイヤレス診断」から起動する方法です。
「ネットワーク診断」でWi-Fiに問題があるとわかったときに、続けてすぐに「ワイヤレス診断」を行うことができますから。


[起動方法 1]

システム環境設定>ネットワーク>「アシスタント..」>「診断..」ボタン



または


[起動方法 2] (Wi-Fiで接続しているときお勧め)

メニューバーの扇形Wi-Fiマークをoptionキーを押しながらクリック
→「ワイヤレス診断を開く..」をクリック


ワイヤレス診断アプリが起動するので、メニューバーの「ワイヤレス診断」 > 外部ツールを開く > ネットワーク診断


ネットワーク診断アプリが起動する



現在のネットワーク(ここでは”自動”という名前)が選択されているのを確認して「続ける」ボタン


「Wi-Fi」を選択して「続ける」ボタン


診断する自分のネットワークを選択して「続ける」ボタン
(この時は自宅の"xxxxwork 5GHz"というSSIDに接続していましたので、これを選択しました)


診断結果



*ここでWi-Fiに問題がありそうな場合は、続けて「ワイヤレス診断」を実行してさらに詳しく調べることができます。

*診断結果を見ても何をすればいいかわからなくて掲示板などで質問する場合は、ネットワーク構成と診断結果のスクリーンショットをアップロードすると、回答者さんがわかりやすいと思います。
 例)
 ネットワーク構成:
  モデム兼ルータ -- 無線LANルータ --(無線)-- MacBook Pro

 スクリーンショットは command + shift + 4 を押して、十時カーソルになったら左クリック





途中でこんな画面が表示されたら




MacではいろいろなIDとパスワードが「キーチェーン」というアプリで管理されていますが、「ネットワーク診断」ツールでこの「キーチェーン」に保管されているネットワーク(SSID)のパスワードを参照してもよいですか? という意味です。
 常に許可・・・「ネットワーク診断」はいつでもこのネットワークのパスワードを「キーチェーン」に参照しにいく
 許可・・・今だけ許可する
 拒否・・・「キーチェーン」を使わずに手入力する




Windowsの場合


Windowsでも似たような診断ツールがあるかもしれませんね。
Appleが提供しているものとしては、iTunes for Windows に付属する「ネットワーク接続テスト」というものがあるそうです。

iTunes for Windows:ネットワーク接続テスト
http://support.apple.com/kb/HT3204?viewlocale=ja_JP
引用「iTunes for Windows には、iTunes Store へのアクセス時、または iTunes でインターネットを使った機能の使用時に生じる問題について、トラブルシューティングを実行するのに役立つネットワーク接続テストが備わっています。」





【関連記事】
AirMacベースステーションでIPアドレスを固定する方法[図解]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2015-10-22

iOSデバイスがインターネットに繋がらないときの対処法
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2015-06-09

AirMac Extreme 802.11ac 2013 の設定[図解]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2015-04-25

AirMac Express で他社製無線LANルータのWiFiを拡張(中継)する[図解]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2015-04-16

WiFiのリンク速度とApple製品
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2015-04-15

MacでWi-Fiの接続状況を調べる[図解]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-12-24

AirMacベースステーションのお勧め設定[図解]
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-09-09

Macのワイヤレス診断してみました
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-09-03

Macでネットワーク診断してみました
http://fujikuro.blog.so-net.ne.jp/2014-08-22
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。