So-net無料ブログ作成
検索選択

So-net,eAccessで我が家の無線LAN 4【無線LANルータ編】 [エレクトロニクス]





AirMac Extremeをブリッジ設定(ルータ機能をOFFにする設定)で既存ルータにつなげる方法です。こうすることでルータ機能が2重にならず、AirMac Extremeが無線LANのアクセスポイントとして働きます。



[関連過去記事のまとめ]
グレードアップ前後の無線LAN環境についてまとめてみました。

前半(グレードアップ前)の3部作です。(過去記事)
So-net,eAccessで我が家の無線LAN 1【レンタル編】
So-net,eAccessで我が家の無線LAN 2【カードの設定編】
So-net,eAccessで我が家の無線LAN 3【セキュリティ強化編】


後半(グレードアップ後)の2部作です。
So-net,eAccessで我が家の無線LAN 4【無線LANルータ編】 → この記事
So-net,eAccessで我が家の無線LAN 5【プリンタ共有編】







ネットワーク環境(So-netソネット,eAccessイーアクセス)を例にしています。


 

---グレードアップ後の環境---
プロバイダ(ISP)    : So-net ADSL(eA) 12Mとくとく
モデム        : ルータ機能付きモデム(Aterm WD701CV) + 無線LANルータ(AirMac Extremeベースステーション 802.11n 第3世代 FB763J/A)
デスクトップパソコン : DELL(WindowsXP)とiMacG5(Mac OS X 10.5)
ノートパソコン    : MacBook Pro(Windows VistaとMac OS X 10.5のデュアルブート)
携帯電話       : iPhone 3GS
プリンタ       : EPSON PX-5600
networkの構成blog2.jpg




無線LANのスピードを速めるために、
無線LANカードレンタルをやめて、ルータを買うことにしました。

*既にルータ機能付きモデムがあるので、ルータが2重になってしまいます。
ルータ機能付きモデム(So-netからレンタルしているもの)のルータ機能をOFFにできるのかどうか調べてみました。
結論:eAccessはPPPoAなので、ルータ機能付きモデムが必須らしいです。
しかたがないので、ルータ機能をOFFにできる無線LANルータを買うことにしました。


結局、無線LANルータ(AirMac Extremeベースステーション)を買いました。
Appleの整備済製品ストアで定価16,800円の約4000円引きでした。
1年保証付きです。(^^)
(正規品はMB763J/A)



無線LANルータ(AirMac Extremeベースステーション)の同梱説明書と
オンラインマニュアルの「AirMac ネットワーク構成 の手引き AirMac ユーティリティ編」
http://manuals.info.apple.com/ja_JP/Designing_AirMac_Networks_10.5-Windows_JA.pdf
に従って設定しました。P.37



[ルータ(AirMac Extremeベースステーション)の設定]
既にネットワークにつながっているパソコンから、Ethernet経由で無線LANルータ(AirMac Extreme)にアクセスして設定します。

1. 無線LANルータ(AirMac Extremeベースステーション)のWANポートとスイッチングHUBのLANポートをLANケーブルでつなぐ(ちなみにスイッチングHUBをお使いでない場合は、既に設置してあるルータ/ルータ兼モデムのLANポートにつなぎます)
Fig11.jpg

2. 無線LANルータ(AirMac Extremeベースステーション)の電源をつなぐ

3. 設定を行うパソコン(ここではiMacG5(Mac OS X 10.5))を起動しておく

4. 無線LANルータ(AirMac Extremeベースステーション)のランプがオレンジ点滅→オレンジ点灯
Fig1.jpg

5. Mac OS X 10.5のAirMacユーティリティ(Ver.5.4.2)が自動で立ち上がる
  続けるをクリック
Fig2.jpg

6. 「AirMac Extremeの名前:」装置に好きな名前をつける
 「AirMac Extremeのパスワード:」好きな英数字を入れる
  このパスワードは無線LANルータ(ここではAirMac Extremeという装置)にアクセスするためのパスワードです
続けるをクリック
Fig3.jpg

8. 「新しいワイヤレスネットワークを作成」続けるをクリック
Fig4.jpg

9. 「WPA/WPA2パーソナル」を選択して
  「ワイヤレスネットワーク名:」ネットワークに好きな名前をつける
  この名前は”SSID”と呼ばれることもあります
  「ワイヤレスパスワード:」好きな英数字を入れる
  このパスワードはワイヤレスネットワークに入るためのパスワードです
  ”暗号化キー”と呼ばれることもあります
  続けるをクリック
Fig5.jpg

10. 「ブリッジモード」を選択
  続けるをクリック
Fig6.jpg

11. 「IPv4の構成:」「DHCPサーバを参照」を選択
  これでルータ機能付きモデム(Aterm WD701CV)が、NATを使って無線LANルータ(AirMac Extremeベースステーション)に割り振ってくれたIPアドレスを使えるようになります
  続けるをクリック
Fig7.jpg

12. 間違いがないか確認して「アップデート」をクリック
Fig8.jpg

13. 無線LANルータ(AirMac Extreme)の再起動をしばらく待つ
Fig9.jpg
(再起動後ファームウェアのバージョンアップを促されたので、7.4.1から7.4.2にしました)

14. 正常に終了した時の画面
Fig10.jpg




[パソコンや携帯電話、ゲーム機から接続してみる]
So-net,eAccessで我が家の無線LAN 2【カードの設定編】をご参照ください。



これでパソコンや携帯から無線でインターネットにつなぐことができるようになりました。
ノートパソコン(MacBook Pro)からの、ファイル転送やインターネットも速くなりました。

今までiPhoneのWi-Fi接続には波があって、速くなったり(信号レベル3本)遅くなったり(信号レベル1本)していましたが、常時3本でつながるようになりました。

映画予告も途中で止まることなく、観ることができるようになりました。

ルータを買って本当によかった... \(^∇^)/





さらに、セキュリティを強化するために、つなげる装置を限定しました。



[接続できるパソコンや携帯電話、ゲーム機を限定する]
パソコンや携帯電話、ゲーム機の一つ々に固有の番号を登録して、
見知らぬ機器から我が家の無線LANに接続できないようにします。
”MACアドレスフィルタリング”などと呼ばれることもあります。
"MACアドレス"は、"物理アドレス"や"Node ID"と呼ばれたりすることもあります。

1. AirMacユーティリティを立ち上げて画面上の「AirMac」その下の「アクセス」で、
 「MACアドレスアクセス制御:」に「時間制限アクセス」を選ぶ
 「+」ボタンを押す
Fig12.jpg

2. 「MACアドレス:」無線LANに接続したいパソコンや携帯などのMACアドレスを入力
  「説明:」分かりやすい名前を付ける
  「完了」ボタンをクリック
Fig13.jpg


<2012.3.18追記>
重要な設定が抜けていました。
上記で登録した端末以外がアクセスしてきたときに、接続を拒否する設定です。
ここではAirMac ユーティリティ(Ver.6.0)で設定していますが、以前のバージョンでも同様と思われます。
1. アプリケーション>AirMac ユーティリティ(Ver.6.0)>K-AirMac Extreme>「編集」
Fig102.jpg

2. 「ネットワーク」タブ>「アクセス制御を使用」にチェック>「時間制御アクセス」ボタンをクリック
Fig101.jpg

3. 「ワイヤレスクライアント:」の「制限なし(デフォルト)」を選択後、「ワイヤレスアクセスの回数」のメニューから「アクセスなし」を選択→「保存」ボタン→「アップデート」ボタンでAirMac Extremeが再起動される
Fig100.jpg
*「制限なし(デフォルト)」が「アクセスなし」のとき、何も登録していない端末は接続できない。MACアドレスを登録してある端末は接続できる
例)登録していないiPadから接続しようとしたとき
Fig103.jpg




*パソコンや携帯のMACアドレスを調べるには?
So-net,eAccessで我が家の無線LAN 3【セキュリティ強化編】をご参照ください。


*ルータが2重になっているかどうかを調べるには?
[2重ルータを確認する方法]
アプリケーション>ターミナルで以下を入力してEnter/return
"traceroute www.apple.com"
urlは任意で何でもOK。
(ここでは例として、我が家からwww.apple.comまでどこを通っていくのかの確認)

MacBook Pro:Retrospect okaasan$ traceroute www.apple.com
traceroute to e3191.c.akamaiedge.net (23.2.141.15), 64 hops max, 52 byte packets
1 warpstar-c50e5c (192.168.0.1) 1.458 ms 0.887 ms 0.883 ms
2 p99888a99.tkyea999.ap.so-net.ne.jp (121.999.99.999) 16.762 ms 14.512 ms 14.149 ms
3 121.999.99.999 (121.999.99.999) 13.773 ms 14.154 ms 13.862 ms
(略)
9 * * *

番号1で、自宅のパソコンから我が家のルータ機能付きモデムAterm WD701CVに到達した時間(ミリ秒)が分かる
番号2で、ADSL契約しているso-netのルータ(インターネット)に到達した時間が分かる

家の中のルータが2重になっていると、インターネットまでのルータが2つ(2行)表示される

*Windowsは"tracert"コマンド、Mac/Linuxは"traceroute"コマンド
*処理の中断は[Ctrl + C]ボタン
*Mac OSXの場合、アプリケーション>ネットワークユーティリティ>Tracerouteタブでも同様に調べられる
Fig5.jpg




【参考ページ】
traceroute(tracert)~ネットワークの経路を調査する
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/netcom/traceroute/traceroute.html





So-net,eAccessで我が家の無線LAN 5【プリンタ共有編】に続く

nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

トラックバック 0

メッセージを送る