So-net無料ブログ作成
検索選択

「乳がんについて相談できるところは? 知りたい情報はどこにあるの?」(リンク集) [がん関連]


Share |



What's new *************************************************************
2013.01.23  『医知恵 乳がん』を追加しました。
2011.09.27  『がん治療費.com』を追加しました。
2010.09.29  『SURVIVOR SHIP サバイバーシップ』を追加しました。
2010.09.23  『国立がん研究センター患者必携サポートセンター』を追加しました。
2010.03.26  『リサーチナビ 乳がんについて調べる』を追加しました。
2010.03.25  『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』と『みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム』の2件を追加しました。
2009.1.31  『NPO法人 日本乳がん情報ネットワーク(Japan Comprehensive Cancer Network, Breast)JCCNB』を追記しました。
2008.11.16  書籍『がん!患者会と相談窓口全ガイド』(三省堂)を追記しました。
************************************************************* What's new





こんにちわ。

このページは乳がんの情報を紹介するページです。
(左ペインからのリンク先です)


自分自身が2度の乳がんを体験し、情報を集めてきました。

乳がんについて「相談したい」「情報を収集したい」と思われているかたたちへ
「なるべく多くのかたと情報を共有したい」という想いから、リンク集を作ってみました。
なにかのお役に立てば幸いです。(^^)

整理したものから随時追加していきたいと思います。

また、このページ自体へのリンクやトラックバックはご自由にどうぞ。
ご連絡も必要ありません。
記事内容に関連性の無いのないコメント・トラックバックは削除させていただく場合があります。

リンク切れ(リンクをクリックしても”404 Not Found”などのページが表示されて表示ができない)、
誤記、
ご意見などがございましたら、コメント欄(↓下のほうにあります「コメント(0)」の文字をクリックしてください)にご記入ください。


2008年7月25日     更新:2013年1月23日


乳がん 乳ガン 乳癌
 
 
 
 
main_001-small.jpg『癌研究会』    癌研究会・癌研究会有明病院
http://www.jfcr.or.jp/index.html
コンテンツ「がんの種類について-乳がん」では図表、写真豊富。
以下2007/07/26追記
癌研有明病院の「がん電話(110番)相談」についての案内 (日本対がん協会内)
http://www.jcancer.jp/consultion_and_support/がん研有明病院
(リンクでエラーが出る時はhttp://www.jcancer.jp/consultion_and_support/がん研有明病院をブラウザのurl欄に入力してください)





logo-small.jpg『がん情報サービス』    国立がん研究センター
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html
「各種がんの解説」「予防と検診」「診断・治療方法」「がんとつき合う」「病院を探す」などのコンテンツあり。

「国立がん研究センターがん情報サービスサポートセンター」のご案内
電話番号と対応時間、利用料金など
http://ganjoho.jp/support_center.html






about.gif『がん情報サイト』    (財)先端医療振興財団 臨床研究情報センター
http://cancerinfo.tri-kobe.org/
米国国立がん研究所(National Cancer Institute :NCI)とLicense契約している、がんの最新治療情報や治療成績、臨床研究の情報、がんに用いられる標準治療薬や支持療法薬といった、がんに関する最新かつ包括的な情報を配信するサイト。
「臨床試験情報」「薬剤情報」(国内未承認のものを含む)「治療成績」などのコンテンツあり。
PDQ日本語版(米国国立がん研究所(NCI)が配信する包括的がん情報、 PDQ(Physician Data Query) を日本語訳したもの)の日本語での検索が可能です。

2008/08/02追記********************************
[PDQ癌情報要約:治療(部位別):乳房]↓
http://cancerinfo.tri-kobe.org/for_patient/pdq/summary/cancersbodylocation/breast.html
内のコンテンツ[乳がん【患者様向け】]では、詳細な解説と図が豊富です。
********************************






main_img.jpg『乳がん百科』    日経BP社 日経メディカル別冊編集部
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/breast/
「気になる/心配な方へ」「初めて診断された方へ」「これから治療を受ける方へ」「治療を終了した方へ」「転移・再発がある方へ」「臨床試験に関心のある方へ」などのコンテンツあり。
治療内容に関しての質問をメールで受け付けています。「気になるときの病院選び」に「認定医のリスト」へのリンクがあります。







以下2008/09/010追記
main_img.jpg『がんナビ』    日経BP社 
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/
がん全般の情報。「Reportレポート」「Newsニュース」「がんを学ぶ」「Ask the ASCO Expert Series(がん治療の最先端を行くASCO(米国臨床腫瘍学会)専門家からのアドバイス)」「がん患者さんと家族のためのQ&A集」「開発中の抗がん剤」「がんを生きるガイド」「患者会」「ネットコミュニティー」などのコンテンツあり。

コンテンツ「Report」内に、2008年5月27日付けの表[センチネルリンパ節生検が受けられる医療機関は?]があります。
注)2008年5月現在、日本ではこの手技は保険収載されていません。上記リンクは日本乳癌学会が保険収載を得るために開始した多施設共同臨床試験についてです。

ピクチャ 2.pngメールマガジン「がんナビ通信」を配信しています。














title-small.jpg『乳がん情報ネット』    乳がん臨床研究支援事業
http://www.csp.or.jp/network/index.html
「はじめて診断を受けた方へ」「乳がんの基礎知識」「治療法の選択」「術後の治療とリハビリ・QOL」「再発の治療と緩和ケア」「乳がん治療キーワード」「乳がんQ&A」「リンク集」「セカンドオピニオン施設一覧」などのコンテンツあり。
「検査」のページでは写真が豊富です。








services_top_01-small.jpg『がん電話情報センター』0570ー055224(おーここにじょうほう)  日本臨床研究支援ユニット
http://www.crsu.org/index.html
血液がん、乳がんを中心に電話で受け付け。

(*この電話センターを紹介しているキャンサーネットジャパンのページ
http://blogs.yahoo.co.jp/cancernet_japan/34404274.html








sumire2-small.jpg『乳がんインフォメーション from doctors』    神奈川乳癌治療研究会
http://www.kbcts.gr.jp/
「手術後のページ」「関連情報」などのコンテンツあり。
コンテンツ「相談室」では投稿する事によって会員医師からの回答をいただけます。








today_banner.gif『がん患者サービスステーションTODAY!』    有限会社VOLーNEXT(代表取締役自身が乳がん患者であり、立ち上げたがん患者サービス事業会社)
http://www.v-next.jp/index.htm
「検診」「症状と検査」「治療の基礎知識」「治療のためのキーワード」「手術」「放射線療法」「化学療法」「ホルモン療法」「治療中の生活工夫」「術後の診察と定期検診」「非浸潤性乳がん」「乳房再建」などのコンテンツあり。
青山での医療相談あり。(有料) 「全国・乳腺専門医のいる施設」の紹介あり。







以下2007/07/26追記
top_main_img-small.jpg『日本対がん協会』
http://www.jcancer.jp/
コンテンツ「がんQ&A」「患者・治癒者の輪」「がん啓発ビデオ」「検診の実施状況」などのコンテンツあり。
「がんホットライン」「医師による面接相談」「医師による電話相談」で相談可能です。







以下2008/09/03追記
タイトル.jpg『海外癌医療情報リファレンス』
http://www.cancerit.jp/xoops/
コンテンツ「癌翻訳リファレンス」「FDA(米国食品医薬品局)」「NCI(米国国立癌研究所)」「PubMed論文抄録」などのコンテンツあり。
癌について海外情報を知りたい・調べたい場合に、その日本語訳を検索することができます。情報はかなり詳細です。

============
検索のヒントとメールマガジンについて
kensakumado.jpg1. TOPページの左側の検索窓に日本語で入力すると、結果画面に変わります。例;”ハーセプチン”と入力する。





2. 乳がん情報全体を検索したい場合は”検索オプション”をクリックし[A]、キーワードに”乳癌 乳がん 乳ガン”(単語の間にスペースが必要)と入力し[B]、「検索の種類」を「いずれか(OR検索)」に指定すると[C]、訳されたときに”乳癌”、”乳がん”、”乳ガン”のいずれの表記になっていても検索時にヒットします。
option.jpg

3. TOPページの右側にある「メルマガ登録」にメールアドレスを入力して送信すると、最新情報のメールマガジンが届きます。
melmaga.jpg
============







以下2008/10/08追記
タイトル.jpg『家族性乳がん・卵巣がんの情報サイト』 株式会社ファルコバイオシステムズ バイオ事業本部 遺伝子グループ
http://www.falco-genetics.com/brca/
「一般の方々向け情報サイト」のページではコンテンツ「家族性乳がん・卵巣がとは」「遺伝要因とは?」「家族性乳がん・卵巣がんに関係している遺伝子があるの?」「遺伝子検査とは?」「遺伝カウンセリングとは?」「遺伝子検査はどこで受けられるの?」などのコンテンツあり。
最近の遺伝子研究について詳細です。








2013/01/23追記
『医知恵 乳がん 乳がんに関する疑問を専門家と解決』
https://i-chie.com/breast-cancer
会員になると質問できるようです。 検査と診断、治療について、乳がんの自己検診、セカンドオピニオン、手術後の生活の注意点、乳房再建について、心の健康を維持するために..などのコンテンツがあります。








以下2008/11/16追記
書籍のご紹介です。
『がん!患者会と相談窓口全ガイド』(三省堂) 2007年4月発売 いいなステーション監修

がん!患者会と相談窓口全ガイド

がん!患者会と相談窓口全ガイド

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本


三省堂の書籍紹介ページ
以下、紹介文から抜粋------------------------------------------------------
がん関連情報の入手方法や各種相談サービス、そして患者会やインターネット上の交流サイトの情報まで、利用可能な情報源が幅広く収録されています。
-----------------------------------------------------------------------------------








以下2009/1/31追記
JCCNB.jpg『NPO法人 日本乳がん情報ネットワーク(Japan Comprehensive Cancer Network, Breast)JCCNB』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jccnb/index.html


「NCCNのガイドライン日本語版」「乳がん海外情報」「乳がん関連の報告・取材」「乳がん情報いろいろ」などのコンテンツあり。

「乳がん情報いろいろ」では以下の資料を読むことができます。
「副作用別乳がん治療薬」、「インターネット(HP) から見た、地域別認定・関連施設の乳腺科・病理科・腫瘍内科・放射線治療科・がん緩和ケア科事情」、 「治療効果予測と予後予測=予後因子と予測因子=」

NCCN(National Comprehensive Cancer Network)の癌に関するガイドライン(NCCN Clinicai Preactice Guidelines in Oncology)の日本語訳をみることができます。
*NCCN : アメリカのがん治療のガイドライン策定のための組織








以下2010/03/25追記
(患者も家族も医療者も誰も彼も...一つのチームとなってがん医療に取り組もうという趣旨のサイトを2つ追加しました。)

j-top_logo.gif『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』
http://www.teamoncology.com/


「掲示板」「臨床試験について」などのコンテンツあり。

以下、紹介文から抜粋------------------------------------------------------
チーム医療は、患者自身もチームの一員と考え医療に参加し、医療に関わる全ての職種がそれぞれの専門性を発揮することで、患者の満足度をより高めることを目指した医療を指します。
・・・・・・・・・・・(中略)
従 来の医療は、医師を頂点とした指示体制に基づく診療活動であったが、チーム医療は、各職種が平等な関係にあります。また、それぞれの職種が持つ専門的な意 見をもとに患者と共に議論し、そこで得られたチームのコンセンサスに基づき、協働しながら行う医療です。
-----------------------------------------------------------------------------------
M.D.アンダーソンがんセンターですすめているチーム医療関連情報が満載です。
*M.D.アンダーソンがんセンター : テキサス州ヒューストンにあるがん専門医療施設








banner02.jpg『みんなでつくろう!がん医療のドリームチーム』
http://www.oncology-dreamteam.org/


がん医療に対する夢を写真投稿するサイトです。たくさんの夢で希望がわいてきます。

以下、紹介文から抜粋------------------------------------------------------
本プロジェクトは、日本のがん医療の未来に向けて、国際的にも通用し、がんチーム医療を推進する見識と大きな夢を持ち、EBM (Evidence-Based Medicine)を構築・発信できる次世代のがん医療専門チームリーダーを、市民のみなさんとともに育てていくことを目的としております。本プロジェクトは、財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所が主催し、米国テキサス大学M.D. アンダーソンがんセンター*が監修するプロジェクトです。
-----------------------------------------------------------------------------------
*M.D.アンダーソンがんセンター : テキサス州ヒューストンにあるがん専門医療施設





以下2010/03/26追記
(科学的根拠に基づいた図書の紹介をしているサイトを追加しました。)

bnr_logo_l.gif『リサーチナビ』乳がんについて調べる      国立国会図書館
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400377.php


以下、目次から抜粋------------------------------------------------------
 1. 乳がんとは
 2. 乳がんに関する参考図書
 3. 乳がんに関する雑誌記事・論文の探し方
 4. 乳がんに関するインターネット情報源
 5.「テーマ別調べ方案内」関連コンテンツへのリンク
-----------------------------------------------------------------------------------
「科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン」(日本乳癌学会編 金原出版)が紹介されています。
全部で以下の5冊あります。
 『薬物療法. 2007年版 』
 『外科療法. 2005年版』
 『放射線療法. 2005年版』
 『検診・診断. 2005年版』
 『疫学・予防. 2005年版』
個人的な体験として、このうち『外科療法. 2005年版』『放射線療法. 2005年版』を入手しましたが、大変参考になりました。








++++++++++++++++++++薬の副作用への対処法などの情報++++++++++++++++++++

SURVIVORSHIP.jp
SURVIVOR SHIP サバイバーシップ

作成:静岡県立静岡がんセンター/日本大学短期大学食物栄養学科/大鵬薬品工業株式会社 監修:静岡県立静岡がんセンター

コンテンツは3つ。
○抗がん剤/放射線治療と食事のくふう
○抗がん剤/放射線治療と脱毛ケア
○がんで「こまった」がんを「しりたい」

例えば、ホーム > 症状で選ぶ! 抗がん剤・放射線治療と食事のくふう > 第2章 症状別・生活と食事のくふう > 症状と対策 > 吐き気・おう吐では↓このようなアドバイスがあります。
Fig4.jpg

「解説ページへ」ボタンをクリックすると、 「患者さんの声」、「医師から」、「看護師から」、「栄養士から」のさらに詳しい解説があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





以下2011/09/27追記
++++++++++++++++++++治療費用などの情報+++++++++++++++++++++++++++++++
gantiryou.jpg
がん治療費.com    運営者:NPO法人 東京地域チーム医療推進協議会
http://www.ganchiryohi.com/index.html

治療効果の見方・・・生存率、Overall Survival(全生存期間)、Disease-Free Survival(無病生存期間)、Progression-Free Survival(無増悪生存期間:むぞうあくせいぞんきかん)、Median Survival(生存期間中央値)、奏効率(Response Rate)などの意味がわかりやすく解説されています。

部位別がんの治療費・・・部位/種類と進行度(ステージ)を入力すると複数パターンの計算結果が出ます。治療費はないようによって大きく変わるので「だいたい○円から○円の間ぐらい」という目安にはなります。

がんの検査にかかる費用・・・CTは1回いくら?MRIは?など記載されています。総額表示で自己負担分ではないそうです。

緩和医療(緩和ケア)の治療費・・・緩和ケア病棟で入院1日あたりおいくら?在宅は?など記載されています

リンパ浮腫の予防と治療・・・治療が受けられるクリニック/病院が記載されています。

治療の相談と決定(セカンドオピニオン)・・・どこに相談すれば良いのか?など。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コメント 3

ふじくろ

>>kasamaさん
玉石混交のネット情報なので必要とする・信頼できる情報にたどり着くには、時間とこつが必要ですね。

>最近どうもヘン?と思っていても、病院に行って相談するのは、相応の覚悟が必要なもの。でも、こういうリンク集があると、手軽に調べることができますね。
まだ診断がついていない時点で、ネットなどで調べて「勝手に思い込んでしまう」状況を危惧します。特にがんを疑うような症状のときは、絶対に自分で判断せず、調べるよりも先に、早く病院に行くことを強くお勧めします。


>乳がん検診を受けるキッカケにもなると思います。
このページに挙げたサイトのいくつかでは検診について詳しく書かれています。
「検診ってどんなことをするの?」など不安に思われている方には役立ちそうです。

by ふじくろ (2008-07-26 01:28) 

rira

うなずいて読みました

by rira (2008-07-31 14:58) 

ふじくろ

>>riraさん
ありがとうございます。(^-^)
by ふじくろ (2008-08-01 00:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る